日本史について 国郡里や郡郷保などの変遷がよくわかりませ

日本史について 国郡里や郡郷保などの変遷がよくわかりませ。簡単に申せば、701年の大宝律令で地方行政制度として定められたのが「国郡里制」里は後に郷に改称され、「郡郷保」の郷とは直接的には関係ないです。日本史です 国郡里や郡郷保などの変遷がよくわかりません どなたか変遷おしえてもらえませんか 日本史について。中世社会で国内を国郡理郷や。郡郷保や荘郡郷など何回かわけてますが。
イマイチ違いがよくわかりません…この私領は朝廷の管轄から独立していまし
たので大宝律令に定めた国郡里郷には含まれない独立したもの『福井県史』通史編1。第六章 若越中世社会の形成 第三節 若越の荘園公領と地域社会 一 若越の中世的郡
郷制 十一世紀の国制改革ここでは。いま一つの改革である中世的郡郷制の成立
について具体的に検討してみたいが。それは古代の郡?郷が中世的な郡?郷に
変化するという行政区画の変遷に半ば以降。郷や保?名?別符などが郡と並列
される行政単位として国の直接的な支配をうけるようになり。しかもそれらは官
人や

イラストで学ぶ楽しい日本史。日本にぴったり当てはまらないんですよねー。このころ。公領こうりょう
とか国衙領こくがりょうなどと呼ばれる国の土地は。で。書類不備のもの
や。前回の荘園整理令が出された年以降に成立した新しい荘園など。
分かります! その気持ち!! なるべく簡潔にかみ砕いて説明しますので。つい
てきてください! * * *公領国衙領券契荘園公領制宣旨枡
法勝寺院政期まとめプリント記録荘園券契所記録所郡郷保郡郷制1998。役職としての性格”とは何なのか。この表現だけでは漠然としてわかりにくい。
A奈良時代には旧国造などの地方豪族が郡司に任命され,平安時代後期には新興
の開発領主などが郡司?郷司?保司に任命された。一方,平安後期の郡司?
郷司?保司などは,国司によって任命され国衙領内の郡?郷?保などの区画
において租税の徴収を請け負うものであった。郡司や郷司などの理解が不十分
で全然書けませんでした。 「Bがボロボロです」という割にはBの方がよく書け
てます。

。とあったり。国 郡 里。荘 郡 郷とあったり。 それぞれ混同してしまってよく
わかりませんかつての律令制度のもとで国?郡?里施の上下の区分で構成
されていた一国の編成は,荘?郡?郷などが並立する荘園に と公領で構成され
る体制笠園公領制 に変化していった。では,郷や保がどのようにして生まれ
たのかということ,受領が気候変動によって荒廃してしまった田地を,1。荘園公領制荘園?公領ともに一国平均役 延久の荘園整理令と荘園公領制 藤原
頼道の娘には皇子が生まれなかったことから。ときの年代の新しい荘園や書類
不備のものなど。基準に合わない荘園を停止しており。摂関家の荘園も例外では
なく。この整理令はかなりの成果をあげた。この郡?郷や保における税の徴収
を請負う役人として任命されたのが。郡司?郷司?保司である。

簡単に申せば、701年の大宝律令で地方行政制度として定められたのが「国郡里制」里は後に郷に改称され、「郡郷保」の郷とは直接的には関係ないです。一方、11世期後半の荘園公領制下で公領=国衙領の組織編成の一部として定められたのが「郡郷保」です。ご質問の内容が変遷ということなのですが、これは古代の土地?税制度と密接に関わる話です。簡潔に説明すれば、①大宝律令による国郡里制②口分田を用いた租の税とその不具合③初期荘園による税制の崩壊④負名体制の成立とその不具合⑤荘園公領制下での郡郷保の編成なのですが、これでは伝わならいと思います。ですので一応ご説明しますが、どうしても文字だけになってしまうので、日本史資料集等の土地制度の図を活用しながらお読みください。それでもご理解いただけなければ私の力量不足ですので、学校の先生に聞かれるのがよろしいと思います。7世紀①公地公民制による班田収授法で、戸籍?計帳に基づく徴税制度がある程度確立する8世紀①大宝律令の地方行政制度として国郡里制が定められる但し、里は715年に郷に改称②それに伴って、租調庸などの徴税制度も完成する③農民は重税に苦しみ、偽籍や浮浪逃亡が増加して朝廷の税収が減少する④これを解決するため「百万町歩開墾計画」や「三世一身法」を出すも効果なし⑤同じ理由で「墾田永年私財法」が出されたことにより、土地の私有を認められる=公地公民の否定⑥貴族や大寺社が、「8世紀③」で浮浪逃亡した農民を使って土地を開墾し、私有化する→初期荘園の形成この時貴族には税が課され、寺社は免税9世紀※ご質問の回答に直接は関係ないので割愛10世期藤原氏摂関政治期①藤原氏ら有力貴族が、官荘符荘や国免荘で不輸の権と不入の権を得る=大荘園を持つ有力貴族が免税となる②初期荘園の規制と公地公民の再建を目指して、醍醐天皇が延喜の荘園整理令出すが、失敗に終わる③三善清行が政治意見書:「意見封事十二箇条」を醍醐天皇に提出し、税制度改革が決まる④「10世期③」に基づき、土地=口分田に税を課して全員に耕作をさせる制度から、税を課された有力な農民=田堵が土地=名を耕作する制度に切り替え、国司=受領の徴税権が強化される→負名体制の成立11世期前半①田堵が大名田堵に成長し、大名田堵が独自に土地開発を行うようになったことで開発領主となる②受領が自分の利益を得るために、田堵や大名田堵、開発領主に過剰な徴税を行い始める③開発領主がA国司の配下になるB不輸の権と不入の権を持つ貴族に自らの土地を無許可で寄進する。これにより国衙領=国司が徴税する領地が減少する→寄進地系荘園の成立④「11世期前半③」によって、荘園と国衙領が判別できなくなる11世期後半①「11世期前半③B」によって、朝廷の収入が減少②寄進地系荘園を規制するため、後三条天皇が延久の荘園整理令を出し、記録荘園券契所で不正な荘園を規制して荘園と公領=国衙領が明確化される→荘園公領制の成立③公領では受領が任国に赴かず、その代理人として目代を派遣することが多くなる④公領の内部再編が必要となり、公領内部に郡?郷?保が置かれ、開発領主がそれぞれの実力に合わせて郡司?郷司?保司に任命されて、徴税実務を行うようになる

Send a Comment

Your email address will not be published.